CKD・透析と低亜鉛血症:関連資材

Specialist Review
慢性腎臓病患者における 亜鉛不足と亜鉛補充療法
川崎医科大学
腎臓・高血圧内科学 教授
柏原 直樹 先生

慢性腎臓病(CKD)患者では、ステージが進行するにつれて血清亜鉛濃度が低下することが示されている。潜在的な亜鉛不足を有するCKD患者は、相当数に上ると考えられる。また人口の高齢化を背景に、CKD患者は増加の一途をたどっている。高齢者ではCKD発症リスクが高まっており、亜鉛不足も生じやすい。こうした背景を考えると、超高齢社会となった本邦において、亜鉛不足は軽視できない問題である。今回、川崎医科大学腎臓・高血圧内科学の柏原先生に、CKD患者における亜鉛不足と亜鉛補充療法について話を伺った。

Seminar
慢性腎臓病における血清亜鉛値測定の意義と亜鉛補充療法
川崎医科大学
腎臓・高血圧内科学 准教授
佐藤 稔 先生

亜鉛は体内で様々な生理活性に関与している微量元素であるが、慢性腎臓病(CKD)患者の血清亜鉛濃度は腎機能低下と相関して低下する傾向にある。潜在的・慢性的な亜鉛不足を呈するCKD患者は予想以上に多いと考えられ、CKDの臨床症状の幾つかは亜鉛不足により引き起こされている可能性がある。臨床では、CKDに合併する亜鉛不足を見逃すことなく、適切に治療することが求められる。そこで今回、腎臓病領域の基礎的・臨床的研究に従事されている佐藤稔先生に、CKDにおける血清亜鉛濃度測定の意義と亜鉛補充療法の実際について講演いただいた。