皮膚疾患と低亜鉛血症:関連資材

Seminar
褥瘡治療における亜鉛含有製剤の重要性と注意点
宜野湾記念病院
院長
湧上 聖 先生

亜鉛は皮膚の生成・維持に重要な役割を担っており、亜鉛不足は創傷治癒の遅延や皮膚の脆弱化を招く。褥瘡治療領域では、亜鉛の重要性は周知されており、亜鉛補充療法が広く行われてきた。褥瘡予防・管理ガイドラインにも、褥瘡に対する亜鉛補充療法を行ってもよい旨が記されている。こうした中、2017年3月にウィルソン病治療薬であった亜鉛含有製剤(ノベルジンⓇ錠)の効能・効果に、低亜鉛血症が追加承認され、保険適用内で亜鉛補充療法を行うことが可能になった※1。これを機に本邦の亜鉛補充療法の適正化が進むことが期待される。今回、微量元素研究の第一人者である湧上聖先生に、褥瘡治療における亜鉛含有製剤の重要性と注意点について講演を頂いた。

低亜鉛血症の医療関係者向けサイト 低亜鉛.jp
アクセスいただきありがとうございます。

注意事項

このサイトは、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくため、医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)を対象に情報を提供しています。一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ