小児と低亜鉛血症:関連資材

Specialist Review
小児の栄養障害と成長障害
国立成育医療研究センター
生体防御系内科部 内分泌・代謝科 医長
堀川 玲子 先生

小児の栄養障害は、現在においても決してまれな話ではない。特に成長障害のある小児では、頻度が高い。そうした中で近年、成長を司る栄養素の1つとして、亜鉛の役割に注目が集まっている。亜鉛不足が成長を阻む要因になり得ることが明らかになり、小児科診療において亜鉛の重要性が再認識されつつある。今回、国立成育医療研究センターで成長障害の診療に携わっておられる堀川先生に、本邦の栄養障害と成長障害の現状、小児の成長における亜鉛の重要性について話を伺った。

低亜鉛血症の医療関係者向けサイト低亜鉛.jp
アクセスいただきありがとうございます。

注意事項

このサイトは、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくため、医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)を対象に情報を提供しています。一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ