【低亜鉛血症と亜鉛欠乏症について】

低亜鉛血症とは、亜鉛欠乏状態を血清亜鉛値から捉えたものであり、亜鉛欠乏症とは、亜鉛欠乏による症状と検査所⾒(血清亜鉛値、血清ALP 値)から捉えたものです。したがって、低亜鉛血症と亜鉛欠乏症には共通項があります。