【低亜鉛血症と亜鉛欠乏症について】

低亜鉛血症とは、亜鉛欠乏状態を血清亜鉛値から捉えたものであり、亜鉛欠乏症とは、亜鉛欠乏による症状と検査所⾒(血清亜鉛値、血清ALP 値)から捉えたものです。したがって、低亜鉛血症と亜鉛欠乏症には共通項があります。

低亜鉛血症の医療関係者向けサイト 低亜鉛.jp
アクセスいただきありがとうございます。

注意事項

このサイトは、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくため、医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)を対象に情報を提供しています。一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ